コンテンツへスキップ

今晩の12月消費者物価は緩やかなインフレ継続となる見通し

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

アメリカの消費者物価の発表が今晩予定されています。

最近の消費者物価は「おおまかに鈍化傾向が続いているかどうか」を確認するだけなので、インフレ鈍化が続いたからと言って以前ほど大きく株が買われたりするわけではありません。

ただ、反対にインフレが加速している場合は面倒なことになるので、ちゃんと目を通しておこうと思います。

この記事のポイント

  • 12月のアメリカ消費者物価はコア指数でわずかなインフレ鈍化傾向が見られると予想されている。
  • 他のインフレ・データを見ても最近のアメリカでインフレが加速している兆候はみられないので、12月も緩やかなインフレ鈍化が確認できると思っている。
  • 米国株が2024年に上昇を続けるためには、インフレ鈍化と景気(雇用)の維持とできるだけ早い利下げが必要。

エコノミストはアメリカのゆっくりとしたインフレ鈍化継続を予想

今晩発表になる12月のアメリカ消費者物価ですが、ウォール・ストリート・ジャーナル調査では各社ヘッドラインで(コアではない数字で)前年比3.3%を予想しているようです。

エネルギー価格の下落でインフレ鈍化が進んだ11月には前年比3.1%まで低下したことを考えると、12月にわずかに上昇するようですがこの程度なら許容範囲です。

また、エネルギーや食料品を除いたコア指数は前回の4.0%から3.9%へと低下する見通しなので、まだインフレ鈍化はゆっくりと続いていると言えます。

というわけで、もともとアメリカのインフレの鈍化傾向が続いているなかで、今晩の発表の数字もおおむね今までのインフレ鈍化傾向が続くと予想されていることがわかります。

他のデータはインフレ鈍化継続を示唆

冒頭でインフレの加速が見られたら厄介だと言いました。その場合は、おそらく利下げ開始が遅れ、それを嫌気して株や国債が売られることになると思います。

ただ、他のデータも合わせて見てみると、アメリカのインフレが加速している様子は特にありません。

ここでは、消費者物価よりももっと高頻度に更新されるアメリカの物価データをいくつか見てみましょう。

クリーブランド連銀のInflation Nowcastというサイトでは12月と1月のインフレ率予想(1月10日更新)を見れるのですが、これを見る限りは1月も12月もインフレが加速してるようには見えません。

日々アメリカのインフレ率が更新されるTruflationというサイトを見ても、アメリカのインフレが加速しているようには見えません。

もちろん、今晩の消費者物価が予想と大きくはずれていないか確認する必要はありますが、おそらく株式市場は大きく荒れることなくイベントを通過すると思われます。

政策金利予想について

もし消費者物価で何か大きく動くとしたら、さきほど言ったように今後の利下げ予想に変更が見られるはずです。

どれだけ政策金利予想に変化があったのかを振り返るために、念のため記録用に現時点(1月11日日本時間12時時点)の市場の政策金利予想を貼っておきます。

まだアメリカの景気が底堅いと思われている今の状態のまま3月に利下げが行われるなら、株価にはプラスになると思われます。

この利下げ時期が後ろにずれるほど景気悪化のリスクと隣り合わせになっていくと思われるので、経済指標の発表と政策金利予想をあわせてにらめっこする日々は続くはずです。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。