「ドイツの主要産業は光が見えない」独IFO景況感指数5ヶ月連続低下

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

「ドイツの主要産業は光が見えない」

経済指標は水晶玉ではないので、未来を見渡せないのはわかっています。しかし、現時点のドイツ景況感をまとめた経済研究所所長が「ドイツの主要産業は光が見えない」と言っているところを見ると、暗い未来が待っているのかなと考えてしまいます。

ドイツは景気後退入りするかもしれません。ドイツのIFO経済研究所がまとめた8月のドイツ企業の景況感指数は5ヶ月連続で低下して、94.3となりました。

ドイツは2019年第2四半期でマイナス成長を記録しましたが、次の第3四半期でもマイナス成長が続けば、景気後退入り(リセッション入り)する崖っぷちにいます。しかし、8月も景気に歯止めがかかっていない様子が報告されています。

参考記事:ドイツ、マイナス成長に転落。1年かけてドイツを追い込んだ米中貿易戦争。

歯止めがかからないドイツ経済

このIFOの景況感指数は、現状と今後6ヶ月の先行きに対して7000社のドイツ企業にアンケート調査を行って数値化します。

アンケート対象企業は、製造業や建設業だけでなく卸売業、小売業などもカバーしているため、この指標が5ヶ月連続で悪化している背景には2018年から不安視されているドイツ製造業以外にも、景気減速感が浸透している恐れがあります。

そのドイツ経済で問題になっている製造業については、ドイツIFO経済研究所所長は発表資料で、「製造業では指数の底が見つけられない」と指摘。「ドイツの主要産業はどこにも光が見えない」とコメントしています。

ドイツ政府も景気後退入りを予測か

また、ドイツ経のシュピーゲルによると、ドイツ政府は第3四半期に、2四半期連続のマイナス成長をし、景気後退(リセッション)入りすると予測しているようです。

独政府、第3四半期の景気後退入りを予測=シュピーゲル誌(ロイター)

シュピーゲル誌が確認した政府内部文書には、「世界的な貿易問題が一段と悪化せず」、「英国の合意なきEU離脱が回避できれば」厳しい経済危機は発生しないと記載があるとのことですが、果たして、世界はその2つを回避できるのでしょうか。

2019年は経済の動向を追いかけようとすると、必ずと言っていいほど国同士の政治的な対立が顔をのぞかせます。政治的な対立の解決は、人と人の交渉事になるので、経済のサイクルよりもずっと読みにくくやっかいです。

貿易協議合意とイギリスの合意なきEU離脱回避は、ドイツ政府も注目するイベントのようですので、経過を見届けることにします。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。