Google、ヘルスケアデバイスFitbitに買収提案。狙いはAIファースト戦略。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

グーグルがヘルスケアウェアラブル機器のFitbit(フィットビット)に買収提案をしているようです。公式の情報ではないのですが、事情に詳しい人物から情報を得たとしてロイターが報道しています。

米アルファベット、フィットビットに買収提案(ロイター)

Fitbitは日本だとあまり知らない人も多いかと思いますが、腕輪や腕時計の形をして歩数や心拍などを計測する健康管理グッズです。

写真を見た方がわかると思います。こんな製品です。

Fitbit

2013年に日本に上陸したときには、細い腕輪のような製品が多かったのですが、最近では大きなスクリーンをまとってスマートウォッチとして機能したり、アマゾンの人工知能のAlexaを搭載するなど多機能化しています。

収集した健康データは下の写真のようにスマホアプリで確認できるようになっています。「見た目もおしゃれで、実際にやってみると思った以上に楽しい」と、実際にやっている友人から聞いています。

Fitbitの健康データはアプリで確認できる

Fitbit買収の狙いはGoogleのAIファースト戦略

さて、この買収はグーグルとしてはありだと思います。

最近のグーグルは検索エンジンやOSを作るソフトウェア会社としてだけでなく、スマートフォン、スマートスピーカーなどハードウェア機器にも力を入れています。「身の回りのあらゆるモノをネットとAIでつないでいく世界」の実現に向けて動いているグーグルの方向性に沿った買収に見えます。

近年のグーグルは2016年から大きな方向転換をしていて、「グーグルはモバイルファーストからAIファーストの世界へ移る」、「スマートフォン、ウェアラブル(時計など)、自動車、ホームの4分野でAIを使って賢くしていく」とピチャイCEOが宣言しました。

グーグルが注力していく1つ分野のウェアラブルは、Apple Watchが圧倒的に強い市場になっているので、一気に攻勢をしかけるなら既に何年もウェアラブルデバイスを作っているFitbitの買収は理にかなっています。

グーグル独自のスマートウォッチに向けた布石か

ちなみに、グーグルには長らく噂されている製品があります。グーグルが独自につくるスマートウォッチのPixel Watchです。

2019年10月のグーグルハードウェア新製品発表会「Made By Google」で発表がされるかと噂されていたのですが、結局Pixel Watchの発売はありませんでした。

Googleのハードウェア戦略は順調に進行中。Made by Google 2019の新商品を一気に振り返り。

あまり日本では知名度が高くないのですが、グーグルは既にスマートウォッチ用のOSを提供していて、各社色んなスマートウォッチに搭載されています。

wearOSを搭載したスマートウォッチ

スマートフォンのAndroid OSを作って、それから数年してグーグルオリジナルのスマートフォンPixelを販売したように、スマートウォッチもwearOSをまず作り、それからスマートウオッチPixel Watchが発売されるのではと長らく噂されてきました。

グーグルが提供するwearOSは既に完成度はかなり高くなっています。Googleアシスタントを搭載している他、時計でスケジュール確認、Google Payでの支払い、電話、歩数や心拍測定などができます。公式サイトを見るとかなり有名なブランドもwearOSを搭載して、販売しています。

こちらの画像はいずれもwearOSを搭載したスマートウォッチですが、左からルイヴィトン、モンブラン、タグ・ホイヤーと有名なハイブランドもグーグルのOSを使っています。

ルイヴィトン・モンブラン・タグ・ホイヤーのスマートウォッチ

wearOSも成熟してきたので、そろそろウェアラブルの領域でAIを使ったグーグル製品の開発に軸足を移したいと思っているなら、Fitbitの買収はありだと思います。


その他のGoogleの最新ニュースとビジネス動向は、Googleの企業分析ページでまとめています。詳しくはこちらをご覧ください。

人気記事はじめての投資【投資の入門記事まとめ】


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。


タグ: