米国の景気、非製造業も好調。5ヶ月ぶり高水準【2020年ISM非製造業指数】

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

先日、米国の製造業が6ヶ月ぶりに前月よりも景気が回復したと記事を書きましたが、好調だったのは製造業だけはなかったようです。

非製造業の幹部達も、2020年の1月は前月のよりも強い景気を感じていたようで、景気アンケート(ISM非製造業指数)集計結果は、予想を上回る5ヶ月ぶりの高水準となりました。

ISM非製造業指数

  • 予想:55.0
  • 結果:55.5で、予想も前月も上回る。
  • 前回修正値:55.0から54.9への下方修正。

ISM非製造業指数

ISMが毎月、アメリカの非製造業の仕入れ担当部署の幹部に「前月よりも景気が良くなったか、悪くなったか」のアンケートを取って集計したものです。

結果の数字は、50を上回るほど景気が改善していると回答した企業が多く、50を下回れば前月よりも景気が悪化したと回答している企業が多いことを指します。

今月の結果は55.0と5ヶ月ぶりの高水準でした。

2019年では、景況感が下げ止まらずに心配になる時期はありましたが、ここ数ヶ月は緩やかな上昇が続いています。

新型コロナウイルスの影響は見られなかった

ちなみに、ISMの公式サイトではアンケートに回答した企業の幹部たちのコメントが一部見れます。

January 2020 Non-Manufacturing ISM® Report On Business(ISM)

このコメントを見る限り、新型コロナウイルスに言及しているのは、ヘルスケア業界1つのみでした。1月の時点では、やはり米国には新型肺炎の影響はほとんどなかったようです。

Closely monitoring China’s coronavirus and its potential impact on medical supplies like surgical masks and protective goggles. (Health Care & Social Assistance)

中国のコロナウイルスの様子を注意してみている。医療マスクや保護ゴーグルのような医療品の供給に影響があるかも知れない。(ヘルスケア&社会福祉業界からのコメント)

2020年1月の米国の景況感は強かった

別の記事でも、同じようなことを何度か書いていますが、2020年の1月の人々が感じているアメリカの景気はやはり強かったようです。

既に発表されているデータでは、半年から1年ぶりに高水準を記録したものばかりでした。

  • ISM製造業指数:米国の製造業が感じる景気。6ヶ月ぶりの高水準
  • ISM非製造業指数:米国の非製造業が感じる景気。5ヶ月ぶりの高水準
  • ADP雇用統計:ADP社が集計した企業の雇用増加数。12ヶ月ぶりの高水準
  • ミシガン大学消費者信頼感:消費者が感じる景気(500世帯調査)。8ヶ月ぶりの高水準
  • コンファレンスボード消費者信頼感:消費者が感じる景気(5000世帯調査)。5ヶ月ぶり高水準
1月米経済指標 予想以上 予想未満
前月以上 ADP雇用統計
ISM製造業
ISM非製造業
ミシガン大消費信頼感
コンファレンスB消者信頼感
前月未満

実は、上にあげたデータのほとんどは「景況感(景気を良いと感じているかどうかの心理)」を表したものです。

経済指標は、景況感のように心理を数値化したソフトデータと、売上高や新規雇用者数などの実績を表すハードデータの2つのタイプがあります。

2020年1月の米国のソフトデータが良かったことは十分にわかったので、これからはハードデータがちゃんと上がっているかどうかを見てみたいと思います。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。