2020年、これからの米国株への追加投資を控えるべき理由

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2020年も米国株は本当に強いです。この記事を書いている2020年2月はダウ・S&P500・ナスダックともに歴代最高値を更新しています。

ただし、さすがに高くなってきた感じがします。

あくまでも私の個人の感想ですが、長期投資家なら2020年は米国株への追加投資を止めたり、控えめにしたほうがいいと感じています。

株価を利益で割った値はPER(株価収益率)と呼ばれていて、株価が割高かどうかを調べるのによく使われます。

S&P500のPERは25を超えて割高な水準です。今この状態で投資しても今度10年間で高いリターンが期待できないと過去のデータが示しています。

この記事のポイント

  • 2020年の米国株は歴代最高値を何度も更新して絶好調だが、すでにS&P500のPERは推定値25と割高。
  • S&P500の過去150年のデータを使って、投資時のPERごとに今後10年間の株価上昇率を見てみたが、PER25では10年の期待リターンが年率5%を下回る

PERが高いと、今後10年の株リターンは小さくなる

PERが高いければ、今の株価がすでに高い状態にある可能性が高いです。すでに高い株価がさらに上昇する状況は生まれにくいので、この状態で投資したとしても、今後のリターンはあまりできません。

これを確かめるために、過去150年分のS&P500のPERと、そのPERの時点で投資した場合の今後10年間の株価上昇率(年率)をグラフにしてみました。

※上のグラフはPERが0から30までのデータにしぼって、グラフ化しています。

これを見る限り、「PERが高くて割高な状態になればなるほど、その後10年間の株価上昇率は下がる傾向がある」とわかります。

PER20から30までのデータで比較

もう少しだけ詳しく見るために、今度はPER20から30までの間のデータだけグラフ化してみます。

このグラフでもPERが大きくなると、その後10年の期待リターンが小さくなることが見て取れます。2020年2月14日時点でS&P500のPERは25なので、おそらく2020年の今から投資しても、今後10年間のリターンは年率5%を下回る水準になると思われます。

「いや、ちょっと待て!上のグラフを見る限り、PER25付近で10%前後のなかなか良いリターンが出ている過去のデータ(点)があるじゃないか」と思った方もいると思うので、補足説明をします。

20を超える高いPERでも「なかなか良いリターン」を叩き出しているものは、ほとんどが景気後退直後で株価が下がった後の状態のデータです。

景気後退直後のデータを色付けして再度グラフを見てみます。

景気後退前ですでにPER25を超えていると、たしかに今投資しても今後のリターンが小さそうだということがわかると思います。

まとめ

過去の150年のS&P500のデータを使って、PERが高い状態で投資したとしても、今後10年間のリターンは低くなってしまうことを見ていきました。

今すでに米国株に投資している人は、これからまだ市場が上昇する可能性もあるので、すぐに売る必要はないと思います。ただ、2020年の今の状態での追加投資は控えたほうがいいと、個人的には感じています。

【参考データ】過去150年S&P500の株価とPER

私がこの記事で使ったデータを掲載しておきます。ご自由にお使いください。

S&P500
(年初値)
PER 今後10年
リターン
2020 3278.2 23.78
2019 2607.39 19.6
2018 2789.8 24.97
2017 2275.12 23.59
2016 1918.6 22.18
2015 2028.18 20.02
2014 1822.36 18.15
2013 1480.4 17.03
2012 1300.58 14.87
2011 1282.62 16.3
2010 1123.58 20.7 11.30%
2009 865.58 70.91 11.66%
2008 1378.76 21.46 7.30%
2007 1424.16 17.36 4.80%
2006 1278.73 18.07 4.14%
2005 1181.41 19.99 5.55%
2004 1132.52 22.73 4.87%
2003 895.84 31.43 5.15%
2002 1140.21 46.17 1.32%
2001 1335.63 27.55 -0.40%
2000 1425.59 29.04 -2.35%
1999 1248.77 32.92 -3.60%
1998 963.36 24.29 3.65%
1997 766.22 19.53 6.39%
1996 614.42 18.08 7.60%
1995 465.25 14.89 9.77%
1994 472.99 21.34 9.12%
1993 435.23 22.5 7.49%
1992 416.08 25.93 10.61%
1991 325.49 15.35 15.16%
1990 339.97 15.13 15.41%
1989 285.4 11.82 15.91%
1988 250.5 14.02 14.42%
1987 264.5 18.01 11.22%
1986 208.2 14.28 11.43%
1985 171.6 10.36 10.49%
1984 166.4 11.52 11.01%
1983 144.3 11.48 11.67%
1982 117.3 7.73 13.50%
1981 133 9.02 9.36%
1980 110.9 7.39 11.85%
1979 99.71 7.88 11.09%
1978 90.25 8.28 10.75%
1977 103.8 10.41 9.81%
1976 96.86 11.82 7.95%
1975 72.56 8.3 8.99%
1974 96.11 11.68 5.64%
1973 118.4 18.09 2.00%
1972 103.3 18.01 1.28%
1971 93.49 18.12 3.59%
1970 90.31 15.76 2.08%
1969 102 17.65 -0.23%
1968 95.04 17.71 -0.52%
1967 84.45 15.31 2.08%
1966 93.32 17.81 0.37%
1965 86.12 18.75 -1.70%
1964 76.45 18.77 2.31%
1963 65.06 17.66 6.17%
1962 69.07 21.25 4.11%
1961 59.72 18.6 4.58%
1960 58.03 17.12 4.52%
1959 55.62 18.77 6.25%
1958 41.12 12.49 8.74%
1957 45.43 13.34 6.40%
1956 44.15 12.12 7.77%
1955 35.6 12.56 9.24%
1954 25.46 10.09 11.62%
1953 26.18 10.86 9.53%
1952 24.19 9.97 11.06%
1951 21.21 7.48 10.91%
1950 16.88 7.22 13.14%
1949 15.36 6.62 13.73%
1948 14.83 9.02 10.74%
1947 15.21 13.46 11.56%
1946 18.02 19.17 9.37%
1945 13.49 14.35 10.19%
1944 11.85 12.65 7.95%
1943 10.09 9.67 10.00%
1942 8.93 7.97 10.48%
1941 10.55 10.02 7.23%
1940 12.3 13.23 3.22%
1939 12.5 18.84 2.08%
1938 11.31 10.5 2.75%
1937 17.59 16.75 -1.44%
1936 13.76 17.87 2.73%
1935 9.26 16.25 3.83%
1934 10.54 23.73 1.18%
1933 7.09 17.19 3.59%
1932 8.3 13.99 0.73%
1931 15.98 17 -4.07%
1930 21.71 13.94 -5.52%
1929 24.86 17.77 -6.64%
1928 17.53 15.47 -4.29%
1927 13.4 10.9 2.76%
1926 12.65 10.13 0.84%
1925 10.58 11.06 -1.32%
1924 8.83 9.05 1.79%
1923 8.9 12.46 -2.25%
1922 7.3 22.58 1.29%
1921 7.11 9.39 8.44%
1920 8.83 9.61 9.41%
1919 7.85 7.97 12.22%
1918 7.21 5.74 9.29%
1917 9.57 6.34 3.42%
1916 9.33 9.99 3.09%
1915 7.48 13.6 3.53%
1914 8.37 13.48 0.54%
1913 9.3 13.4 -0.44%
1912 9.12 15.22 -2.20%
1911 9.27 12.91 -2.62%
1910 10.08 13.31 -1.32%
1909 9.06 15.23 -1.42%
1908 6.85 10.49 0.51%
1907 9.56 12.72 0.01%
1906 9.87 14.57 -0.56%
1905 8.43 16.69 -1.19%
1904 6.68 12.68 2.28%
1903 8.46 13.61 0.95%
1902 8.12 15.9 1.17%
1901 7.07 14.68 2.75%
1900 6.1 12.71 5.15%
1899 6.08 16.85 4.07%
1898 4.88 15.58 3.45%
1897 4.22 19.33 8.52%
1896 4.27 17.31 8.74%
1895 4.25 25.37 7.09%
1894 4.32 17.16 4.46%
1893 5.61 15.55 4.19%
1892 5.51 16.09 3.95%
1891 4.84 16.45 3.86%
1890 5.38 17.98 1.26%
1889 5.24 19.9 1.50%
1888 5.31 15.1 -0.84%
1887 5.58 16.78 -2.75%
1886 5.2 18.91 -1.95%
1885 4.24 13.82 0.02%
1884 5.18 13.2 -1.80%
1883 5.81 13.59 -0.35%
1882 5.92 13.48 -0.72%
1881 6.19 12.74 -2.43%
1880 5.11 13.13 0.52%
1879 3.58 11.34 3.88%
1878 3.25 10.8 5.03%
1877 3.55 12.6 4.63%
1876 4.46 12.62 1.55%
1875 4.54 10.05 -0.68%
1874 4.66 10.13 1.06%
1873 5.11 11.82 1.29%
1872 4.86 12.07 1.99%
1871 4.44 11.1 3.38%

本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。