コンテンツへスキップ

5月のアメリカ小売売上、予想外のマイナス成長

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

昨日は6月のFOMC(アメリカの金融政策会議)について書きました。

>>アメリカ、28年ぶりの大幅利上げ【2022年6月FOMC】

この記事の中で、実はFOMCが行われた日にしれっと、アメリカの景気が良くないことを示すデータがいくつか公開されたと書いたのですが、その1つを見ていきたいと思います。

アメリカの5月の小売売上高です。

この数字が悪いとGDPの大部分を占める個人消費がコケてしまうのですが、5月の小売は良くなかったです。

この記事のポイント

  • 小売売上高は予想を大きく下回り、前月比マイナス0.3%となった。
  • インフレの伸びを除いた実質では、前月比マイナス1.2%(年率マイナス13.8%)とかなり悪い数字になっている。
  • アトランタ連銀によるアメリカの実質GDP成長率予想はゼロ%にまで落ち込んだ。2期連続のマイナス成長(テクニカルな景気後退)の恐れが出てきた。

アメリカ小売売上、予想外のマイナス成長


5月の小売の数字を確認していきます。

2022年5月のアメリカ小売売上高(前月比)

  • 予想:0.3%
  • 結果:マイナス0.3%
  • 前回:0.9%から0.7%へ下方修正

結果は予想を大きく下回って、マイナス成長になっています。

今のアメリカは勢いよく物価が伸びているはずなのに、前月よりも売上が下がってしまったことを意味します。

実際にインフレの伸びを除いた数字(実質の小売売上成長率)を見てみると、さらに数字が悪くなります。

2022年5月のアメリカ小売売上高実質成長(前月比)

  • 結果:実質マイナス1.2%

前月比でマイナス1.2%と言われてもパッとイメージが沸かないかも知れませんが、1年間このぺースが続くと売上が13.8%も落ちるほど悪い数字になります。

この数字を見て、「景気後退は思っていたよりも近いのかな?」とついつい考えてしまいました。

消費低迷の要因


ただ、小売売上高は毎月の変動が大きい数字です。今月の数字だけを見て景気後退は近いというのは少し乱暴な言い方になるので、もう少し深ぼってみようと思います。

変動が大きいデータだけあって過去1年間を振り返ると、5月のように小売が低迷していた時期は確かにあります。

しかし、よく調べてみると過去1年間で小売売上が低迷していた過去2回はいずれも、新型コロナウイルスの流行期でした。

一方で、今回の小売の低迷は何でしょうか。

調べて見ると、どうも物価が高騰していて、人々が消費に回せるお金が少なくなっているようにも見えます。

5月の小売の内訳を見てみるとガソリンスタンドの売上が急激に伸びている一方で、車・家電・家具などの数年に一度の買い物(耐久財)をかなり控えていることが分かります。

このような傾向は実は何ヶ月も前から続いていたのですが、まだ3月や4月までは消費者はクレジットカードやリボ払いを使って消費を継続していました。

しかし、その借金による消費の伸びも鈍化して、それに釣られて5月は小売の売上規模も縮小したように思います。

アメリカは2期連続のマイナス成長の可能性も

もしも、物価高でガソリンなどで貯蓄を減らしていて、その上クレジットカードによる消費の伸びも息切れしてきたとなると、アメリカの個人消費には暗雲が立ち込めてしまいます。

そうなると個人消費の伸びに頼っているアメリカのGDP成長率も鈍化しかねません。

5月の低迷した小売売上高が発表された日、アトランタ連銀のGDP成長率予想のサイト(GDPNOW)では、4-6月期のGDP成長率予想がゼロ%にまで引き下げられました。

1-3月期もマイナス成長だったので、4-6月で2期連続のマイナス成長を達成する可能性も出ています。

ちなみに2期連続でGDPがマイナス成長になると、テクニカルな景気後退と呼ばれます。

アメリカの場合、全米経済研究所(NBER)という組織が数年過ぎた後に「今振り返るとあの時が景気後退だったね」と言って景気後退入りを宣言するので、2期連続でGDPがマイナス成長になっても景気後退ではない可能性はあるのですが、そろそろ景気拡大も終盤になってきたのだろうと思います。

もしも翌月以降も消費が伸びずに5月の低迷が一時的ではないなら、アメリカの景気はFRBパウエル議長がいうほど強くはないどころか、すでに弱い恐れがあります。

個人的にはまだ景気交代は早いだろうとは思うのですが、消費に関するデータは引き続き注意深く見ていこうと思います。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。