2019年8月、不振に陥ったヨーロッパ製造業。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ヨーロッパ製造業の不調

この記事でお伝えしたいことは、とてもシンプルです。

「ヨーロッパの製造業は不調です」の一言です。

今まで「製造業に不調の影が忍び寄ってきた」とか、「減速している傾向が見られる」とか、丁寧に回りくどい表現を使ってきましたが、ヨーロッパの製造業についてはそんな気遣いも必要もなさそうです。シンプルに悪い良さそうです。

ヨーロッパ全体に広がる製造業PMI指数の低下

9月2日に発表された、製造業の購買担当者に景況感をアンケート調査した結果をまとめた製造業PMI(購買担当者景気指数)はドイツ、イギリス、ユーロ全体と3つとも不調な結果でした。

このPMIは50を下回ると景気縮小、50を上回れば景気拡大を意味しますが、3つとも50を下回っています。ドイツにいたっては、43.5と前月の43.2に比べたらまだ改善しているものの、50には程遠い状況です。

世界各国の製造業も減速

ちなみに、ブルームバーグは世界の製造業PMI指数をまとめていますが、こちらを見ても綺麗に世界各国で製造業PMIが50を下回っているのがわかります。

出典:ブルームバーグ

今のヨーロッパはイギリスのEU離脱と、貿易戦争の景気の先行き不透明感の2つの影響を受けています。その2つが重なってしまったことで、タイミングとして大変よろしくない状況になっています。

心配なのはやはり工業国ドイツ

ただし、どの国も全てが製造業に依存した工業国ではないので、この結果だけで景気が心配だという必要はありません。

ヨーロッパの話に戻ると、GDPで製造業が占める割合は、ドイツが約20%、ヨーロッパでは15%, 英国は10%と言われています。ここでもやはり心配なのは、ヨーロッパ随一の工業国のドイツになりそうです。

関連記事:ドイツ、マイナス成長に転落。1年かけてドイツを追い込んだ米中貿易戦争。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。