【2019年11月雇用統計】予想を大きく上回る堅調ぶりを見せた米雇用

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

アメリカ政府が発表した11月の雇用統計ですが、結果は驚くほど良かったです。

11月の他の経済指標が全く冴えなかったので、てっきりアメリカの雇用環境も悪くなったのかと思っていました。しかし、フタを開けてみたら、びっくりの絶好調です。

この知らせを受けて、アメリカ株も急上昇しました。12月に入って、アメリカ株も陰りが見えたかと思えましたが、まだまだ強いですね。

予想よりも遥かによかった雇用統計

結果を振り返っていきます。

農業以外の雇用者数の増加は事前の予想を大きく超えて、10ヶ月ぶりの伸びを記録しました。また、失業率は再び3.5%にまで下がって、賃金上昇率も予想を超えるなど、文句なしの好調でした。

2019年11月雇用統計 結果 予想 前回
非農業部門雇用者数 26.6万人 18.0万人 15.6万人
失業率 3.5% 3.6% 3.6%
平均時給(前年同月比) +3.1% +3.0% +3.2%

ADP雇用統計と大きく食い違った雇用統計

政府発表の雇用統計よりも、先に発表されたADP社とムーディーズ社の民間2社が集計した雇用統計では、同じ11月の雇用でもかなり悪い状況を伝えていたのですが、結果は正反対でしたね。

FRBは政府発表の雇用統計を信頼して、これからの政策を決める材料にしています。なので、どんなにADPが悪くても、政府発表の雇用統計が良ければ、結果オーライです。

ADP雇用統計と大きな差が出た理由

ただ、政府統計とADPで何でこんなに違うのかが気になるところです。内訳を見てみると、まず目につくのは製造業の雇用増減の結果です。

ADPの発表では製造業の雇用は6,000人減少でしたが、政府雇用統計では製造業の雇用は54,000人と正反対になっています。政府の発表では、10月の自動車メーカーのストライキを終えて、11月に労働者が職場に41,000人ほど戻ってきたので、大きく増加したと言っています。

ストライキからの復職を数字に反映したか否かが、結果に影響を与えた可能性があります。

ただ、こストライキの影響を入れたとしても、まだ政府のほうが全体的に楽観的な結果です。雇用統計は翌月修正される可能性が高いので、ADP数字に近づくように修正されるのかが気になるところです。

11月の経済市場のまとめ

他の経済指標を見る限る、11月のアメリカ経済は軒並み不調を伝えてたのですが、雇用統計は全く違う内容になりました。

11月米経済指標 予想以上 予想未満
前月以上 雇用統計
ミシガン消費者信頼感
前月未満 ISM製造業
ISM非製造業
コンファレンスボード消費者信頼感
ADP雇用統計

この解釈は少し難しいです。会社が苦しくなってから人を削減するので、雇用にはまだ影響が出ていないものの、企業の景気は少しずつ悪化しているのかも知れません。

ただ、それにしては雇用のデータが絶好調です。これくらい失業率が低くて、賃金上昇率も改善しているなら、人々の財布は潤っているはずなので、クリスマスの商戦はいい結果になるのかなと漠然と予想しています。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。