iPhone販売好調で、アップル株価上昇【2019年10-12月期決算】

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

アップルの2019年10-12月期(2020年度第1四半期)の決算が発表されました。

利益・収益ともに予想を上回る良い決算で、時間外で株価は2.4%上昇しています。

製品別に売上を追っていくと「おや、変だな」と思われる箇所もあるのですが、会社としては前期に引き続き、好調をキープしています。

  • 一株利益:$4.99で、$4.55予想を上回る。
  • 収益:$91.8Bで、$88.50B予想を上回る。(前年比+9%)

この記事のポイント

  • 収益・利益はアナリスト予想を超えて好調を維持。
  • 好調の牽引したのは、iPhoneとワイヤレスイヤホン売上。
  • iPhoneは新型モデルが好調で、5期ぶりに前年比プラス成長。
  • ワイヤレスイヤホンも好調をキープ。惜しかったのは、生産が追いつかず売上成長率は前期よりも鈍化。
  • アップルは推し進めているサービスの売上はアナリスト予想を下回った。2019年からアップルはサービスの会社になると言っているが、成長が加速している印象はないのは気になる点。

一言でまとめると、「全社的には好調。細かく見ると、好調なのは製品で、注力しているサービス売上が加速しないのは懸念材料」という感じです。

アップルは良い銘柄だと思いますが、株価が直近1年間で急上昇してしまったので、更にどれだけ上昇できる余地があるかはやや疑問です。

1年間で90%上昇したアップル株

サービス売上がまだ加速しないことと売上成長率が+9%しかしていないことを考えると、しばらく上昇は緩やかになるかもしれません。

iPhoneとAirPodsの売上が好調

アップルの製品カテゴリ別の売上を見る前に、何の売上かわかりにくい用語の整理をしておきます。

アップルの売上構成を見る時にわかりにくいのは、「ウェアラブル&ホーム」と「サービス」です。それぞれの以下の製品・サービスが含まれます。

  • ウェアラブル&ホーム:AppleWatch(時計)、AirPods(ワイヤレスイヤホン)、HomePod(スピーカー)など
  • サービス:iCould(クラウドサービス)、AppleMusic(音楽)、AppleNews(雑誌)、AppleArcade(ゲーム)、AppleTV+(動画)、ApplePay(電子決済)、AppleCare(製品保証)など

製品カテゴリ別の売上を見た時に、気になったのは次の点です。

  • iPhoneの売上が5期ぶりにプラスに転じた。
  • ウェアラブル&ホームも+37%成長で好調。
  • サービス売上は成長しているものの、成長の加速は見られない。
単位:100万ドル 2020 1Q 2019 1Q 前期比
iPhone 55,957 51,982 8%
Mac 7,160 7,416 -3%
iPad 5,977 6,729 -11%
ウェアラブル&ホーム 10,010 7,308 37%
サービス 12,715 10,875 17%
合計 91,819 84,310 9%

製品カテゴリ別に売上を見てみると、売上規模の大きなiPhoneが+8%の売上成長をしています。

ずっとアップルの決算を見てきた人はお気づきだと思いますが、これはかなり珍しい出来事です。過去1年間iPhoneの売上は前年を下回り続けましたが、ようやくプラスに転じています。

また、ウェアラブルではワイヤレスイヤホンのAirPodsが好調だったようです。ただし、需要は強いのに生産能力が足りていなかったようで、売り逃しが出ているのは少し残念です。ウェアラブルの成長率は前期+54%でしたが、+37%に低下しています。

一方で、気になるのはアップルが全社的に力を入れているサービス売上の成長が加速しないことです。上のグラフのサービス売り上げの推移を見ても、一向に成長が加速する兆しが見えていません。

アップルは2019年から製品の会社ではなく、サービスの会社になると宣言していますが、現時点の売上規模を見てもまだまサービスの売上規模は小さいです。

単位:100万ドル 2020 1Q 2019 1Q 前期比
製品 79,104 73,435 8%
サービス 12,715 10,875 17%
合計 91,819 84,310 9%

前期の決算では「アップルの定額制サービスの売上が40%で上昇している」という明るい発表もあったのですが、サービスの売上はあまり見えてきていません。

>>アップルは買い銘柄。サブスク売上+40%で急成長【2019年7-9月期決算】

もちろん製品よりもサービスのほうが成長率は大きいですが、このままの成長率のペースでは、サービス売上が製品売上を上回るのに20年かかります。

投資家はアップルに対して、年ごとに売り上げのバラツキが見られる製造業ではなく、安定収益をたたき出すサービス業と判断して、株の評価を倍にした経緯があるので、今後アップルはサービス売上が加速させる必要があります。

地域別売上で沈んだ日本

最後に地域別売上についても見てみます。全体的に好調だったのですが、気になる低迷が見られる地域があります。

日本です。前年でマイナス10%と、唯一マイナス成長しています。

単位:100万ドル 2020 1Q 2019 1Q 前期比
アメリカ 41,367 36,940 12%
ヨーロッパ 23,273 20,363 14%
中国 13,578 13,169 3%
日本 6,223 6,910 -10%
その他アジア 7,378 6,928 6%
合計 91,819 84,310 9%

10-12月で日本の売上が低迷する理由で思いつくのは、消費税の増税でしょうか。この記事の趣旨とは異なりますが、日本の消費の低迷も気になるところです。

その他アップルの最新動向について

以上、2019年10-12月期の決算を振り返っていきました。

その他のアップルの最新ニュースとビジネス動向は、アップル企業分析ページでまとめています。詳しくはこちらをご覧ください。

人気記事はじめての投資【投資の入門記事まとめ】


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい(※金額は自由に変更できます)。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。