景気後退の足音、まだ忍び寄ってなかったみたいです。

  • by
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2019年7月24日追記:逆イールド現象はついに解消されました。
米経済、1年以内に景気後退へ。逆イールド現象がついに解消。


2019年6月末のG20首脳会談を前にした6月24日に、このような記事を書きました。

ついに逆イールド解消か。景気後退の足音が忍びよる。

逆イールド現象とは、アメリカの3ヶ月国債金利のほうが10年国債金利よりも大きくなる現象で、この現象が発生して解消された数ヶ月後から1年後に景気後退が訪れるとされている「不況の前触れ」の予兆です。

過去の30年間で逆イールド現象が解消した際には、いずれもそのあとに景気後退が訪れています。

詳細はこちらの記事参照:【解説】12年ぶり発生した景気後退シグナル、逆イールドとは何か。

上の記事を書いていた時の逆イールド現象がこちらです。

値が0を上回ったら逆イールド現象は解消ですが、今にもその時が迫っている感じがしますよね。「これが解消されたら、数ヶ月後から1年以内に景気後退」との言葉が走馬灯のように蘇ります。

逆イールド発生 利下げ開始 逆イールド解消 株価のピーク 景気後退
1989年5月 1989年6月 1989年7月 1990年6月 1990年7月
1998年9月 2001年1月 2001年1月 2000年8月 2001年3月
2006年2月 2007年9月 2007年9月 2007年10月 2007年12月
2019年3月 2019年7月(市場予想) 2019年7月?

これを見たら、多くの人は次の下落で株を安く買うために投資資金を確保したり、買う銘柄の候補を絞ったりと、色々準備しなければいけないと、考え巡らせることでしょう。

それから2週間弱が経ちました。逆イールド現象が解消されたかどうか、気になるところです。さて、一体どうなったでしょうか。結果を見てみましょう。

いきますよ。

じゃーん、こちらを御覧ください。

・・・さては、またヤラカシましたね、YUTAさん。確実に、またやってますね。解消する、解消すると言っておきながら、しないパターンです。

米中首脳会談での貿易協議の合意といい、最近このブログではちゃんと伏線をはっておいて、綺麗に期待を裏切る展開で回収することが定番化しています。いかにも一番怪しい人間が実はいい人だったという、ありがちな火曜サスペンス劇場にも似た進行が続いています。

参考記事:「関税は引き上げない」米中首脳会談後のトランプ大統領が明言。

自慢じゃないんですが、私、短期的な予想って本当に当たらないんですよね。デイトレーダーとかだったら、半年持たずに市場から退場している気がします。長期的な傾向なら、まだ予想も易しいので長期の株投資では何とかそれなりに結果を出せていますが、短期はどうも苦手です。

ただ、今回は逆イールド現象の解消が予想よりも遅くなっただけで、いずれは解消されること、またその後に景気後退が訪れること自体は間違っていないと思います。株式市場の下落に備える戦いは、長期戦になりそうです。


本ブログからのお願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、YUTA'S INVESTMENT TICKETをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

※金額は自由に変更できます。

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。